医師や専門家とあなたをつなぐ、健康・食・くらしのセルフケアが見つかる情報サイト




カボチャ+タマネギ濃縮粒(南瓜オニオン)

カボチャ+タマネギ濃縮粒(南瓜オニオン)

完売商品です

●商品の特色
◇野菜としておいしく栄養があるだけでなく、健康に役立つ成分が豊富なことで高く評価されているタマネギとカボチャのエキスを同時に摂ることができるサプリメントです。北海道産の辛味の強いストロング系のタマネギと、同じく北海道産のえびす品種のカボチャを使用しています。

◇カボチャとタマネギの優れた成分を壊すことなく丸ごと利用する独自の製法で濃縮したエキス末を、食べやすい粒状に加工してあります。

◇タマネギは強い働きをもっている野菜ですので、他の食品と合わせた場合その食品の栄養成分の働きを打ち消してしまう可能性があります。しかし、カボチャの場合はタマネギと相性が良く、タマネギがカボチャの働きを阻害してしまう心配はありません。

◇本品は、相性試験に基づいてカボチャとタマネギの栄養効果が最も発揮されるベストな割合で組み合わせてあります。2つの健康野菜を同時に摂ることで、一つずつ別個に摂る場合よりも格段に有益な働きをしてくれます。

◇ほっこりとしておいしく栄養豊富なカボチャは、日本では古くから「冬至の日にカボチャを食べると冬を健康に過ごせる」と言われて親しまれてきました。

◇カボチャは、室町時代にポルトガル船で日本に初めて持ち込まれたといわれています。代表的な緑黄色野菜で、多量のカロテノイド(主にβ-カロテン)が含まれていることが知られています。β-カロテン以外にも健康維持に欠かせないカリウムも100g中に450mgも含まれていて、塩分が気になる人の健康を強力にサポートしてくれると考えられています。

◇さらに話題の健康成分のγ-アミノ酪酸やビタミンC・ビタミンEなどのミネラル、その他の栄養成分も豊富です。

◇さらに近年、カボチャにはトリゴネリンという成分が含まれていることがわかり、甘い物が好きな人やお腹のサイズが気になる人の健康維持に役立つ成分としても一段と注目されています。

◇タマネギはヨーロッパや中近東、インドをはじめ、世界的にスタミナ野菜として古くから利用されてきました。

◇タマネギの薄皮の部分には植物性色素成分のケルセチンが含まれていますが、その他にもイオウ化合物(イオウを含む有機成分)や亜鉛・マグネシウムなどのミネラル、食物繊維やビタミン類、グルタチオン(グルタミン酸・システイン・グリシンからなるアミノペプチド)など、すぐれた健康成分が大変豊富に含まれています。

◇タマネギは品種によって健康維持のための働きにも大きな違いがありますが、本品に使用されている辛味の強いストロング系の品種は特にイオウ化合物が豊富です。このイオウ化合物は揮発性成分で、通常は調理の途中で揮発し成分全てを摂取するのは困難です。しかし、本品は独自の製法でこの成分を壊さずに丸ごと摂れるようにしていますので、健康維持のために十分に働いてくれると考えられています。

◇原料の南瓜エキス末、タマネギ濃縮エキス末は、残留農薬、重金属、一般細菌数、大腸菌群等の検査が行われ、原材料の加工から商品の包装まで、厳しい管理下において製造が行われています。また、甘味料・着色料・保存料・糊料・酸化防止剤・発色剤等は一切使用していません。

◇カボチャとタマネギは、それぞれ健康成分が豊富な野菜です。どちらもできれば毎日食べるのが望ましいでしょう。タマネギは毎日30~50g、カボチャは黄色い部分を15g以上摂るのが望ましいといわれています。

◇しかし毎日摂るのは調理が面倒という方や、毎日食べるのでは飽きてしまうという方は、簡単にお続けいただける本品をご利用になってみてはいかがでしょうか。カボチャとタマネギの健康成分は熱や酸に強いため、サプリメントでも十分に働くことができます。
◇特に食事で塩分を摂り過ぎてしまう方、食事がかたよりがちな方、野菜不足の方、お腹周りが気になる方におすすめです。

●内容量:270g(約900粒)
●1日の目安:20~40粒

●原材料:タマネギ濃縮エキス末、南瓜エキス末、ショ糖エステル、微粒二酸化ケイ素、トウモロコシたんぱく
●栄養成分:9.0g(約30粒)当り/熱量34.3kcal、たんぱく質0.23g、脂質0.09g、炭水化物8.15g、ナトリウム2.32mg
●召し上がり方:多目の水やお湯などと一緒に、かまずにお召し上がりください。
●ご注意:吸湿しやすいので、開封後はふたをしっかり閉めてください。